マレーシアの教育制度

長くイギリス領であったマレーシアの教育制度はイギリスやオーストラリアとよく似ており、小学校6年間、中学・高校合計5年間を経て大学に進学、または就職します(中学3年次の統一テストでコース選択)。 大学の学部課程は3年間(医学部・工学部などは4年間)。1年生から専門課程を学ぶため、大学準備コース(ファンデーションコース/Pre-U)で1年間一般教養課程を履修してから大学へ進学する場合も。ディプロマコースを設置している大学もあり、ディプロマコースでは修了後に大学2年次に編入できます。また、英語力が基準に達していない場合には、事前に大学付属の英語コースを受講します。

マレーシアの大学

国立大学(約20校)

マラヤ大学を筆頭に国の研究教育機関として設立され、マレーシア研究やイスラム研究などマレーシア独自の分野での教育も提供しています。履修コースや科目によってはマレー語で授業が行われます。留学生の受入数に上限を設けている大学もあるため、現地学生の割合が圧倒的に多いのも特徴です。研究機関に位置づけられているため大学院学生が多く、大学院課程には海外からの留学生も多く在籍しています。




私立大学(約50校)

※他、ユニーバーシティーカレッジ24校。カレッジは400校以上。

私立大学はどこも留学生の受け入れに積極的で、英語学習のサポートや海外大学との編入制度なども整っています。提供する学位や施設により「ユニバーシティー」「ユニバーシティー・カレッジ」「カレッジ」に分かれており、この全てを含んでいる大学もあります。




世界に進学する。
マレーシア大学留学
Studying in university in Malaysia
お問い合わせはこちら
03-6434-1315
メール相談来社相談
FacebookInstagram