海外の大学の入学時期

海外の大学って何月からスタートかご存知ですか?アメリカなどの欧米圏は9月が多いですね。9月以外にも1月入学も一般的です。

日本でもそれに合わせて秋入学を東京大学を開始しました。

南半球に位置するオーストラリア・ニュージーランドは2月・7月から始まる大学が多いです。

では、マレーシアは??

マレーシアの場合

気になるマレーシアの場合。

大学や学部にもよりますが、年に3回、多いところでは5回あるところも!常に入学生が入ってくる状況です。

また、日本の高校を卒業してからマレーシアの大学に留学する場合、英語力が満たないことが多いため英語コースから入学することも多々あります。

その場合、英語コース開講は3ヶ月に一度、もしくは毎月開講しているところも!

本当に柔軟なマレーシアの大学制度です。

日本と海外の大きな違い

“入学時期が年に複数回ある”

これは海外と日本の教育機関の大きな違いですね。

国や各大学のシステム(セメスター制やクォーター制など)によって入学時期や回数は異なりますが、年に複数回入学チャンスがあるのが一般的。

日本は4月入学がほとんど、それを逃してしまうと翌年まで待たなければなりません。

海外の場合、そのようなことはなく留学準備を進めながら最適な時期に出発することが可能です。

マレーシア大学留学準備

マレーシア大学留学の場合、カウンセリングに来ていただいたら、準備期間のスケジュールを立て、出願、入学時期をそれぞれ決めていきます。

入学時期から逆算して計算するのではなく、現状からできることを確認していき、最短の入学時期がいつになるのか調べていく流れです。

ただし、マレーシアの場合、ビザの申請に時間がかかる場合が多々あります。通常6〜8週間と言われていますが、それ以上にかかってしまう場合も。

ビザが下りて、やっと安心して渡航日が決定します。

今、進路に悩んでいる方、マレーシア大学留学に興味がありましたらぜひご相談ください。

大学学部選びはもちろん、出願、進学のスケジュールなどもサポートいたします。