•  > 
  • ICC国際交流委員会とは?

ICC国際交流委員会とは?

ご挨拶

ICC国際交流委員会代表
曽根 靖雄 Yasuo Sone

ICC国際交流委員会は大学留学コーディネイトのパイオニアとして、30年以上に渡り皆さまの留学を応援し、サポートし続けています。これまで1,000名以上を英語圏の大学へ派遣してきました。大学留学は、その後の人生を大きく左右する重要なターニングポイントです。私たちは皆さんがベストな選択ができるように綿密なコンサルティングを行い、将来設計を作るためのサポートをします。皆さまの留学をサポートするカウンセラーは全員海外の大学への留学経験者ですから、留学についての不安も悩みも、担当カウンセラーが身をもって経験をしていることばかり。また、数多くの学生を海外に送り出し、豊富な事例を知っているICCだからこそ、的確で親身なアドバイスを提供できると自負しています。安心して留学生活を送り勉学に打ち込めるように、ICCは全力で皆さまの留学をバックアップします。

コンサルタント紹介

安心して多くのことに挑戦できるよう、
留学中、そして留学後も見守り、支えていきます。

須山 明恵(すやま あきえ)
ICC大学留学プログラム担当ディレクター

「家族や日本を離れて留学を経験することは、本人の成長にとってプラスになるはず」と思う一方で、つい「もう少し後でもいいのでは、短期の留学でもいいのでは?」と考えてしまう学生の皆さんや、保護者の方も多いと思います。しかし、私たちがあえて長期の「大学留学」という選択をおすすめするのには理由があります。心身ともに成長する時期に留学するからこそ、異国の地で直面する様々な出来事を、自分の力で解決し、成し遂げて行く過程が何にもかえられないほど貴重な体験になります。私たちは留学先で成長する学生一人ひとりが安心して多くのことに挑戦できるよう、留学中、そして留学後も見守り、支えていきます。

これからが楽しみな国、マレーシア。
国と共に成長していく、そんな留学ができるはず。

粕谷 里枝(かすや りえ)
ICC大学留学プログラム担当マネージャー
留学カウンセラー歴8年

これまでアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダと主要な英語圏が大学留学先として選ばれてきましたが、時代と共に留学先も変化してきています。真のグローバル人材を目指すには、より多くの国で多様な人と出会い、経験を積んでいくことが、増々大切になってきました。マレーシアはまさに多様性を絵に描いたような国で、まるで複数の国を一度に体験できる、そんな面白い場所だと思います。私自身マレーシアへ何度も足を運び、その国のダイナミックな成長ぶりを肌で感じてきました。不安な事は全てICCに任せ、様々な経験を積んできてほしいと思います。

「行ってよかった」と思える
留学の実現に向かってお手伝いします。

福永 百合香(ふくなが ゆりか)
ICC大学留学プログラム担当シニアコンサルタント
留学カウンセラー歴7年

「留学」という選択は、人生においてとても大きな決断です。でもそれは、将来の自分自身の可能性を大きく広げるための決断でもあります。そのためには、自分に合った大学・専攻を間違いなく選び、実りある留学生活にするための準備をしっかり行うことが、とても大切です。私たち留学カウンセラーは、皆さまの留学の目的をはっきりさせ、目的にあった大学、専攻選びをお手伝いし、また、よりよい留学生活を送るためのアドバイスをします。不安や心配なことは何でも教えてください。一つひとつ解決しながら、「行ってよかった」と思える留学への実現に向かって、一緒に歩んでいきましょう。

躍動的に成長を遂げている国、
マレーシアへの留学。次はあなたの番です

川崎 歩(かわさきあゆみ)
ICC大学留学プログラム担当
コンサルタント歴4年目

マレーシアへの留学と聞いて、ピンと来る人はまだまだ少ないです。
しかし、この国は、今、躍動的に成長を遂げています。
マレーシアの大学に通う日本人学生を訪れると、本当にみなさん輝きで溢れています。
楽しさ、経験、充実、そして、成長を身をもって体感しています。
「マレーシアの大学を選んでよかった。」皆さんの目が輝いていました。
「勉強や生活は一筋縄ではいきません。でも、まわりが皆親切で、助けてくれるんです。マレーシアの大学を選んでよかったです!」口を揃えて教えてくれました。財産となる学生時代を送れるよう、ICCではマレーシアの大学と密に連絡をとり、安心して留学できる環境を整えています。次はあなたの番です!是非、一緒に踏み出していきましょう。

無限の可能性が広がる国、マレーシアで
思いっきり成長しませんか?

小池 えりか(こいけ えりか)
ICC大学留学プログラム担当

留学を考えているみなさん、きっと心の中はワクワク、ドキドキ、そして少しの不安があるのではないでしょうか。新しいことに挑戦するとき、不安はつきものです。少し背伸びして夢を実現しませんか?海外の大学に通い、現地の学生と一緒に学び、食事し、語り合う。きっと全ての経験があなたの成長につながると思います。特に今、急成長を遂げているマレーシアでは毎日がエキサイティングな留学となるでしょう。また、多民族国家としてお互いの文化や宗教を尊重しながら生活しているため、今後グローバルに活躍したい学生さんにとっては得るものは大きいはずです。ICCで私たちと一緒にマレーシアへのドアを開きませんか?きっとかけがえのない出会いや経験があなたを待っています。

ICCの他国提携先大学一例

【アメリカ】

  • ワシントン大学
  • ベルビューカレッジ
  • シアトルセントラルカレッジ
  • グリーンリバーコミュニティカレッジ
  • ハイラインコミュニティカレッジ
  • スカジットバレーカレッジ
  • シアトルパシフィック大学
  • ディアブロバレーカレッジ
  • サンタモニカカレッジ
  • エルカミノカレッジ
  • パデュー大学カルメット
  • ウィチタ州立大学

【オーストラリア】

  • オーストラリア国立大学
  • シドニー大学
  • ニューサウスウェールズ大学
  • マッコーリー大学
  • ウーロンゴン大学
  • クイーンズランド大学
  • クイーンズランド工科大学
  • グリフィス大学
  • ジェームスクック大学
  • ボンド大学
  • メルボルン大学
  • モナッシュ大学
  • RMIT大学
  • ディーキン大学
  • アデレード大学
  • 西オーストラリア大学
  • マードック大学
  • エディスコーワン大学
  • カーティン大学

【ニュージーランド】

  • オークランド大学
  • オタゴ大学
  • カンタベリー大学

【イギリス】

  • ウェストミンスター大学

【カナダ】

  • フレーザーインターナショナルカレッジ-サイモンフレーザー大学
  • インターナショナルカレッジ オブ マニトバ-マニトバ大学

先輩たちの主な内定先企業

留学を経験した皆さまがICCのキャリアサポートを活用して獲得した内定先の一例です。

  • Google
  • Amazon
  • Microsoft
  • 三菱商事
  • 三井物産
  • 伊藤忠商事
  • 住友商事
  • 国際石油帝石
  • 日本経済新聞
  • 朝日新聞
  • NHK
  • 日本テレビ
  • TBS
  • テレビ東京
  • 関西テレビ
  • ブルームバーグ
  • 共同通信
  • 時事通信
  • 講談社
  • 集英社
  • 電通
  • 博報堂
  • リクルート
  • サントリー
  • キリン
  • 味の素
  • 花王
  • P&G
  • 資生堂
  • 日本ロレアル
  • 武田薬品
  • ファイザー
  • ノバルティス
  • 信越化学
  • ソニー
  • キーエンス
  • ボーイング
  • 三菱重工
  • IHI
  • 日揮
  • マッキンゼー・アンド・カンパニー
  • BCG
  • アクセンチュア
  • ゴールドマンサックス
  • モルガンスタンレー
  • バークレイズ
  • JPモルガン
  • UBS
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 日本郵船
  • 日本航空
  • 全日空
  • デルタ航空
  • ルフトハンザ航空
  • KLMオランダ航空
  • エールフランス
  • JTB
  • H.I.S
  • 日本銀行
  • 経済産業省
  • 外務省
  • 国土交通省
  • 警察庁
  • 金融監督庁
  • 文化庁
  • 海外就職 他
世界に進学する。
マレーシア大学留学
Studying in university in Malaysia
お問い合わせはこちら
03-6434-1315
メール相談来社相談
FacebookInstagram